樹種によって異なる味わい
茶葉をブレンドしない
シングルオリジンへのこだわり

樹の
個性

風土と樹種の個性を活かす
お茶づくり

茶の樹と触れ合っていると、それぞれの樹がもつ個性を強く感じます。また、同じ樹種でも育つ環境によってそのキャラクターは変わります。樹種や土地、そして気候によって異なるお茶の味の差を楽しんでいただきたい。そんなお茶づくりを心がけています。

こだわりの農法で育てる
推定樹齢三百年の在来種。

天然肥料にこだわり農薬を使用せずに育てる。

宇治
在来種

三百年前の茶づくり
に想いを馳せて

初代庄治郎が植えたとされる茶の樹は、今では絶滅危惧種で宇治在来種と呼ばれる日本古来の茶樹です。昨今流通している品種改良された品種とは異なり、茶の種子から発芽して育ちます。秋になると花が咲き実をつけるのも特徴です。樹の個性をより活かすべく、農薬を使用せずに天然肥料(茶園の周りに自生している野草やススキ)のみで栽培しています。

自慢のごこう品種。
現代の知恵で作る
濃厚でさわやかな風味。

宇治白川産のごこう品種。その個性を存分に引き出す。

ごこう

白川の風土が育む
ごこう

山庄北村製茶場のごこう品種は、樹齢がおよそ三十五年とされています。
香ばしい香り、濃厚な旨味がありながらも爽やかな後味を存分に引き出すため、
肥料の種類や与える時期(春は2月から4月、秋は9月から10月)、量などに工夫を凝らしています。
肥料は主に菜種油粕、魚粕、肉粕を使用しており、
有機・化成肥料、農薬を使用する従来の農法で育てております。

PAGE TOP